東京薬科大学 情報センター図書館
電子稀覯本


De Humani Corporis fabrica/人体構造論

Andreas Vesalius(1514-1564)/
アンドレアス ヴェサリウス著

1543年刊 初版

ヴェサリウスの通称「ファブリカ」と呼ばれるこの本は近代解剖学史上最大の古典であり、当時までは人体の構造について、ギリシアのガレノスの学説が権威あるものとして、ほとんど修正を許されなかったが、彼は自ら人体の解剖を行い、ガレノスの幾多の誤りを修正した。彼自身の解剖所見に基づき、人体解剖学を作成した最初の解剖学教科書。

4ページ〜
9ページ〜
93ページ〜
187ページ〜
217ページ〜
237ページ〜
289ページ〜
312ページ〜
342ページ〜

人体ホームへ   トップへ

電子稀覯本ホームへ 東京薬科大学 情報センター図書館へ 東京薬科大学ホームへ


© 2001 東京薬科大学情報センター
<無断転載を禁止します>