東京薬科大学 情報センター図書館
電子稀覯本

On the origin of species/種の起源

Charles Darwin(1809-1882)/
チャールズ ダーウィン著

1859年刊 初版

自然選択による淘汰を種の変化とし、種は不変ではなく進化するものであることを明らかにした。この著作は、世界中にセンセーションを巻き起こした。その後の進化論はダーウィンの説を出発点として展開した。

CONTENTS
INTRODUCTION
CHAPTER 1
CHAPTER 2
CHAPTER 3
CHAPTER 4
CHAPTER 5
CHAPTER 6
CHAPTER 7
CHAPTER 8
CHAPTER 9
CHAPTER 10
CHAPTER 11
CHAPTER 12
CHAPTER 13
CHAPTER 14
INDEX
LIST OF WORKS

    トップへ

電子稀覯本ホームへ 東京薬科大学 情報センター図書館へ 東京薬科大学ホームへ


©2001東京薬科大学情報センター
<無断転載を禁止します>