情報センターからのお知らせ 

Japanese Only.
最終更新:2004.5.26

 

平成16年5月26日 

 情報センター利用者 各位

情報センター 

 

Beilstein CrossFireとScienceDirect導入のお知らせ

 

標記につきましてお知らせいたします。

情報センターでは、かねてから大型電子資料の導入を前提にした文部科学省の補助金の獲得を
目指しておりましたが、平成16年3月に平成15年度申請分が採択され1,170万円を獲得いたし
ました。 これを受けて情報センターでは、いづれも利用者から強い要望が寄せられていた標記
データべースの導入を検討し大学当局に理解を求めておりましたところ、このたび情報センターの
方針と補助金運用について快諾を得ることができました。早速手続きと準備を進めておりましたが、
本日設定を含め準備作業が全て終了し、公開のお知らせができることとなりました。

Beilstein CrossFireは継続することになりましたので説明は省略いたしますが、ScinceDirectは
オランダ Elsevier社の世界的なフルテキストデータベースで、2000-2001年にかけて本学でも
無料で利用できたものです。収録範囲は自然科学から社会科学まで、タイトル数はおよそ1,600。
今回導入のデータベースはScienceDirectの「フリーダム・コレクショ ン」と呼ばれるもので、
全てのタイトルを過去4年間にわたって利用でき、来年度以降は1年ずつ累積されていく予定です。

Beilsteinは昨年までと同じ利用方法で、またScienceDirectは情報センターホームページの
電子ジャーナル−雑誌ポータル(JSEARCH)から他の電子ジャーナル同様にご利用いただけます。
ScienceDirect全タイトルのリストも雑誌ポータルとは別にご用意いたしましたので合わせて
ご利用ください。皆様のご利用をお待ちしております。

なお、両データベースの利用説明会を6月中に開催する予定です。この件につきましては準備が
整い次第改めてお知らせいたします。

以上  

 


©東京薬科大学情報センター